胃がんハイリスク検診(ABC検診)

胃がんハイリスク検診(ABC検診)とは

胃がんは日本人に多くみられるがんの一つですが、早期に発見・治療すれば治癒率が高いがんでもあります。
これまでは、胃がん検査というと胃バリウム検査や内視鏡検査のような食事制限、下剤の服用など苦痛をともなう検査が主流でした。
しかし、最近では採血だけで胃がんになる可能性を検査できる「胃がんハイリスク検診(ABC検診)」が注目されています。
最近の研究により胃がんは誰しもがなるわけではなく、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染とそれによる慢性萎縮性胃炎の進行が胃がんの発生と関連が深い事が分かってきました。

「胃がんハイリスク検診(ABC検診)」は、採血でピロリ菌感染の有無と慢性萎縮性胃炎の程度を調べることで、胃がんになり易いか、なりにくいかを判断する検査です。
費用は4,500円(税込み)です。

胃がんハイリスク検診(ABC検診)の検査方法と内容

【検査方法】
採血検査

【検査内容】

  • ヘリコバクター・ピロリ抗体(HP抗体)検査:ヘリコバクター・ピロリ菌が体内に住み着いていいるか
  • 血中ペプシノゲン(PG値)の測定:胃の萎縮度の指標を測定し、「胃がんになり易いか、なり難いか」

胃がんハイリスク検診(ABC検診)の判定ついて

A〜D群の4グループに分類されます。

  ヘリコバクター・ピロリ抗体
(HP抗体)
(ー)陰性 (+)陽性
血中ペプシノゲン値
(PG値)
(ー)陰性 A群 B群
(+)陽性 C群 D群

分類によって以下のリスクが考えられます。

  胃がん発生リスク 精密検査の受診
A群 非常に低い 必要なし
B群 年率 0.1% 必要
C群 年率 0.2% 必要
D群 年率 1.25% 必要

判定結果がB・C・D群の方は胃がんハイリスク群に分類されますので、精密検査として内視鏡検査を受ける必要があります。
また、この胃がんハイリスク検診では判定結果によって、内視鏡検査を受診するべき適切な間隔が設定されています。医師の説明をよく聞き、定期的に内視鏡検査を受診するよう努めましょう。