脳卒中外来

脳卒中とは?

脳卒中は脳の血管が詰まったり、裂けたりすることによって起こる病気です。大きく分けて脳の血管が詰まる脳梗塞と血管が切れて出血してしまう脳出血とくも膜下出血に分かれます。
脳梗塞には心房細動などの不整脈によりできた心臓内の血栓やその他の部分から血栓が飛んでくる脳塞栓と血管が細くない起こる脳血栓と細い血管が詰まるラクナ梗塞に分かれます。それぞれ再発予防の薬が異なります。言語障害、手足の運動障害、半身麻痺、しびれ、めまい、感覚の低下、意識障害など脳の症状が出現した場合、発症からできる限り早く診断と治療が必要となる為、様子を見ずにすぐに救急車を呼んで下さい。尚、脳卒中の診療を中心に都立病院、県立病院などで長年勤務しておりましたので、ご心配な方は、ぜひご相談ください。

脳梗塞とは?

脳梗塞とは、なんらかの原因で脳の血管が詰まり、脳細胞が酸欠状態になり、脳の一部が壊死し、脳に障害をもたらす病気です。

脳梗塞には脳血栓(のうけっせん)と脳塞栓(のうそくせん)の2通りがあります。
脳血栓は動脈硬化の基盤の上に血栓が形成されることが多く、脳塞栓は他の場所から血管を閉塞する物質が血流に乗って運ばれ、脳血管を閉塞するものです。

脳梗塞の症状

言語障害、手足の運動障害、半身麻痺、しびれ、めまい、感覚の低下、意識障害など障害を受けた脳の部位やその程度により様々な症状が出現します。
また、何らかの症状があればよいのですが、まったく症状のない脳梗塞もあり、自覚症状はなくても、放っておくと本格的な脳梗塞へと発展する、「隠れ脳梗塞」の場合もあり、早期発見と、日ごろから隠れ脳梗塞にならない生活習慣を身につけることが大切です。

脳梗塞の診療を中心に都立病院、県立病院などで長年勤務しておりましたので、ご心配な方は、ぜひご相談ください。