虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)

虚血性心疾患とは

心臓の筋肉(心筋)に血液を送る3本の動脈(冠状動脈)が狭くなったり、塞がったりして、そこから先の心筋が酸素不足に陥る状態を虚血性心疾患と呼びます。

冠状動脈が細くなり(狭窄)心筋が一時的に酸素不足に陥るのが狭心症で、冠状動脈が完全に詰まってしまい(閉塞)死にも至る危険な状態が心筋梗塞です。

狭心症の症状

前胸部が押されるような痛みや胸がつまる感じが数分~10数分持続します。安静によって改善することが特徴です。

心筋梗塞の症状

前胸部の激しい痛みが長時間持続します。顔面は蒼白になり、冷や汗が出ます。安静によって改善することはありません。

胸痛を自覚することのある方はご相談ください。
また、突然の胸痛は心筋梗塞の場合がありますので、大至急救急車を手配し、循環器科の病院を受診してください。

心筋梗塞の治療

心臓の血管の細くなった部分にステントと呼ばれる金属のメッシュのようなものを血管内に留置する治療、風船で血管を広げる治療、血栓を血栓溶解薬で溶かす治療法、血栓をロータで削り取る治療などが有ります。それらを単独で行ったり併用したりします。