慢性肝炎(B型・C型)

慢性肝炎(B型/C型)とは?

「6ヶ月以上にわたり持続する肝臓の炎症」として定義されています。主としてC型、あるいはB型肝炎ウイルスにより起こります。 経過中自覚症状の出現や肝機能検査の増悪を反復することが多く、慢性肝炎から 肝硬変への進展がみられます。 また、高確率で肝癌を発症します。

B型肝炎について

B型肝炎は、HBV(B型肝炎ウイルス)の感染によって起こる肝臓の病気です。
B型肝炎には、急性B型肝炎と、慢性B型肝炎があります。
急性B型肝炎は、成人が初めてHBVに感染して発病したものであり、慢性肝炎は、HBVに持続感染している人(HBVキャリア)が発病したものです。慢性B型肝炎を放置すると、病気が進行して、肝硬変、肝がんへ進展する場合があるので、注意が必要です。
肝臓は予備能力が高く、慢性肝炎や肝硬変になっても自覚症状が出ないことが多いことから、「沈黙の臓器」と呼ばれています。B型肝炎ウイルスに感染していることが分かったら、症状がなくても医療機関を受診される事が大切です。

C型肝炎について

C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって肝臓が炎症をおこす病気で、肝臓の病気の中で1番多い病気です。ウィルスの種類はA.B.C.D.E型などがありますが、C型肝炎はキャリアの人を併せると200万人以上といわれています。
このウイルスは血液を介して感染し、ほとんどの場合慢性肝炎になり、放っておくとさらに進行して肝硬変を経て高い確率で肝臓ガンになりので、C型肝炎の治療はいかにしてこのような状態にならないようにするかということが目標になります。