胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは?

胃潰瘍・十二指腸潰瘍はヘリコバクター・ピロリ菌が原因で起こることが多く、胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護している粘膜が消化される現代社会の代表的な病気の1つです。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の「潰瘍」とは、皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちるという意味で、胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、「消化性潰瘍」とも言われています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

みぞおちから上腹部右側辺りの腹痛

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の自覚症状の中で最も多いのが腹痛で、みぞおちから上腹部右側辺りに痛みを感じます。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、空腹時や夜間に腹痛が起こり、食事をすると一時的に治まる症状が多く見られます。
また、胃潰瘍の場合は、食後に痛み出し、あまり食事を取りすぎると長時間痛みが続きます。
腹痛が強ければ強いほど、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の状態が悪いわけではなく、胃潰瘍・十二指腸潰瘍にかかっていても全く痛みを感じない場合もあり、気が付かないまま、潰瘍が悪化し胃に孔(あな)が空き「穿孔性潰瘍」になって、初めて激痛が起こり胃潰瘍・十二指腸潰瘍に気づくといった場合もあります。

背中の痛み

胃潰瘍・十二指腸潰瘍で腰痛になったという方がおられますが、これは、十二指腸自体が背中側にあるため、潰瘍が後ろにできた場合や放散痛として出る背中の痛みは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状の特徴でもあります。

吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少

胃潰瘍・十二指腸潰瘍になり胃液が多く出すぎで胃粘膜とのバランスが崩れると、胸やけ、酸っぱいゲップなどが起こり、嘔吐、吐き気、食欲不振により体重が減少するなどの症状が出ることがあります。
胸やけは胃液が食道に逆流して起こる症状で、胃液が多すぎる場合にみられます。
また、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治癒時や再発を長年起こしている場合など、胃潰瘍・十二指腸潰瘍に瘢痕(はんこん)ができて「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」という病気になることがあり、食べ物がスムーズに通らなくなり、吐き気や嘔吐を起こす場合もあります。

吐血

胃潰瘍・十二指腸潰瘍が出血すると吐血や下血することがあります。
この場合、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。
出血時には、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛を伴うこともあります。
また、真っ赤な血を吐く場合は、肺や気管から出た喀血(かっけつ)です。

下血

胃潰瘍・十二指腸潰瘍で便に血が混じる場合、どす黒い便が出ます。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍では、吐血より下血が多く見られます。
この便を「タール便」と言いますが、下血の場合気づかないこともあり、貧血になってやっと胃潰瘍・十二指腸潰瘍で吐血していると気付く場合も少なくありません。
下血は、胃潰瘍や胃がん、大腸ガンの症状でもありますし、大量に下血する場合、病院で検査をする必要があります。

口臭・酸っぱいゲップ・胸やけ

胃潰瘍・十二指腸潰瘍になると、胃酸過多によって起こる口臭、酸っぱいゲップ、胸やけなどの症状が見られることがあります。胃潰瘍・十二指腸潰瘍は胃酸の酸度が高まるので口臭、酸っぱいゲップ、胸やけの症状が強くなります。
また、口臭は胃潰瘍・十二指腸潰瘍だけではなく、肝炎・慢性胃炎・胃下垂など、その他の病気でも起こります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療

最近はヘリコバクターピロリと呼ばれる菌が多くの胃潰瘍、胃がん、胃炎を起こしていることが分かりました。
最近ではピロリ菌の抗体と胃の分泌物のペプシノゲン検査を同時に行いそのタイプ分けにより胃がんリスクを調べるABC検診が盛んに行われるようになっています。
リスクのある場合は近医に胃カメラ及び除菌治療の可否を近医に依頼しています。
胃酸を押さえるPPIと呼ばれる薬も著効します。