COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDとは?

COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease:慢性閉塞性肺疾患-まんせいへいそくせいしっかん)は、肺気腫や慢性気管支炎のように慢性的に咳や痰、労作時呼吸困難の症状を呈する疾患の総称です。 原因としては、主にタバコや大気汚染があげられています。しかし、それらがどの様なメカニズムで肺に作用していくのかは明らかになっていません。

症状は、風邪をひいているわけでもないのに咳(せき)や痰(たん)が出ます。病状はゆっくりと進行していき、次第にちょっとした動作をする際にも、息切れや息苦しさを感じるようになります。さらに進行すると呼吸困難になり、日常生活に支障をきたします。重症になると呼吸不全に陥ったり、全身に障害が現れたりすることもあります。

日本における、COPDの発症率は40歳以上で高く、その患者数は530万人以上といわれています。