アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎の症状は、「くしゃみ、鼻汁、鼻づまり」など、かぜの初期症状と似ています。
また、時には「目がかゆい、涙が出る」といった目の症状を伴うこともあり、ひどくなると「のどがゼイゼイする」こともあります。

「かぜ」との大きな違いは、かぜは主に「ウイルス」に感染して起こるのに対し、アレルギー性鼻炎はアレルギー反応の原因となる物質(アレルゲン)が原因で鼻粘膜にアレルギー反応を起こし、症状がでることをいいます。そのため、かぜでは高熱が出ることがありますが、アレルギー性鼻炎ではほとんど発熱することはなく、発熱しても微熱程度です。

アレルギー性鼻炎の原因物質は、花粉のことが多いのですが、ハウスダスト、ダニ、時には食べ物でも起こります。
一般的には花粉が原因によって起こるアレルギー性鼻炎のことを花粉症と呼んでいます。しかし、花粉症の場合はアレルギー性結膜炎や皮膚の湿疹、ノドのアレルギーなど、必ずしも鼻の症状とは限りません。

アレルギー性鼻炎はまずアレルギーの原因物質を知ることから始まります。採血で原因物質が解った後、対策を立てて治療します。ご相談ください。